理工白門祭最終日!!

2015年11月15日 | サイト管理者
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月3日の理工白門祭を持ちまして、すべての日程が終了いたしました。

 

沢山の方々の支えに感謝いたします。

3日間足を運んでくださった方、1日でも参加してくださった方本当にありがとうございました。

 

今年の理工白門祭は大成功を納めました!!

 

それでは、最終日の振り返りに入っていきたいと思います。

11月1日に開催されたりこはくツアー2015が最終日も開催されました。

初日同様、研究室ツアー、キャンパスツアー共に大盛況でした。

中央大学に関心を持って参加して下さる方々が沢山いることが分かり、嬉しい限りでした。

 

特に受験生などの学生さんは、自分が大学生になった姿をイメージ出来たのではないかと思います。

 

そして、本日のメインイベントの1つである、米村でんじろうサイエンスプロダクション実験教室2015が開催されました。この企画は、米村でんじろうさんのお弟子さんである「ジャイアン村上」さんをお呼びしての実験教室であり、面白い実験が出来る貴重な機会でした。

 

なんと、中央大学初の実験教室です。
31

定員が30組と比較的限られていたため、2回に分けて行われた実験教室はどちらも満員となりました。

ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

実験内容は、ブロワー(ドライヤーのように圧力を加えて空気を送り出す機械)を用いた浮力実験と、モーターで動く車を創作してレースを行う「競争」とに分けられており、お子様が楽しめる企画が沢山盛り込まれていたように思います。

 

ブロワーを利用した浮力実験では、様々なものを浮遊させて空気の力の凄さを証明していました。

ポップコーンを湛えたお皿や水を入れたペットボトルなど、こんなものまで!?と思うような物まで浮かせていました。

更に車の創作では、設計の寸分の狂いだけで進行方向が変化してしまうようなモーターカーが与えられていたので、みな熱心に創作に取り掛かっていました。

 

モーターカーが完成すると、実際にコースで走行調整を行います。

お子様たちは、自分が作成した車が走ることに興奮した表情を見せていました。
32

数十分の走行調整の後、待ちに待ったレースが行われました。

 

勝負は、予選、準決勝、決勝といったように続いていき、、、

 

決勝戦は超接戦に!!

 

非常に盛り上がりました!!

 

優勝者には、実験教室の最後にジャイアン村上さんから素敵な賞品が贈呈されました。

 

続いて、もう1つのメインイベントがEco実験パフォーマーらんま先生のサイエンスショー2015でした。

この企画は昨年度も実施しており、大成功を納めたイベントでした。

 

らんま先生は、「笑っていいとも!」や「めざましテレビ」、「とんねるずのみなさんのおかげでしたなどに出演経験のある、日本で初めて「環境パフォーマー」という新しい形を作りあげた方です。

 

今年度もこの後楽園キャンパスに来ていただきました。

 

33

 

比較的早い時間帯のパフォーマンスだったにも関わらず、前年度を上回る本当に沢山の方々にお越しいただきました。

 

科学を利用したEco実験パフォーマンスだったのですが、ところどころにマジックのようなタネの分からないパフォーマンスを披露する場面もあり、自分も含め観客の方々はショーに魅入っていました。

 

ショーの途中には舞台にお子様を招いて共同で実験を行うシーンも見られ、お子様から大人の方々まで幅広い年代の人々に楽しんで頂ける内容となっていました。

 

更に、学園祭初日に開店していたりこはくカフェが最終日も13:30~16:00までの時間オープンしていました!!

 

34

 

3日目の商品はケーキです!!

限定60食という数量を設けて、販売させていただきました。

 

ケーキ+ドリンクで¥390だったのですが、好評を頂き全て完売することが出来ました!!

ご購入頂きありがとうございます。

 

以上、第49回理工白門祭でした。

お楽しみいただけましたでしょうか!?

 

11月1日に始まり、途中悪天候に見舞われることもありましたが最終日には晴れ、全体を通して中央大学の魅力を感じられるような学園祭になったと思います。

 

皆様にとって今回の理工白門祭が良い時間となったのであれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

総務部 3年 田辺